後援会概要

会則

(名称及び所在地)

第1条 本会は、「井上全悠選手後援会」と称し、所在地(主たる事務所)を岡山市中区平井一丁目14番1号(山陽学園大学内)に、玉島事務所を倉敷市玉島中央町二丁目3番12号(玉島商工会議所内)に置く。

(目的)

第2条 本会は、パラ卓球選手である井上全悠選手(以下「井上選手」という。)が2020年東京パラリンピックにおける日本代表選手として活躍できるよう競技活動の応援及び支援することを目的とする。

(事業)

第3条 本会は、前条の目的を達成するため次の事業を行う。
⑴ 井上選手の選手活動に対する物心両面にわたる支援
⑵ 井上選手の選手活動の広報・宣伝活動
⑶ 井上選手の選手活動を支援するための寄付金の募集活動
⑷ 井上選手を激励する集会
⑸ その他本会の目的を達成するために必要な活動

(会員)

第4条 本会の会員は、第2条の目的に賛同する個人、法人及び団体をもって構成する。

(入会及び入会金)

第5条 本会の会員になろうとする者は、入会金を納入することにより、会員になることができる。
2 本会の入会金は、次の2種類とする。
⑴ 個人入会金      1,000円(1口)以上
⑵ 法人・団体入会金  10,000円(1口)以上
3 会員は、本人の申し出により脱会することが出来る。
4 納入された入会金は、いかなる場合も返還は行わない。

(活動経費)

第6条 本会の活動経費は、入会金、寄付金及びその他の収入をもって充てる。
2 事務経費以外の執行にあたっては、3人以上の役員の同意を要する。

(会計)

第7条 本会の事業年度及び会計年度は、4月1日から3月31日までとする。
2 本会の収支報告は、会計年度終了後60日以内にホームページで公開する。

(期間と解散)

第8条 本会は、2021年3月31日をもって解散する。
2 井上選手から2021年4月1日以降の本会の継続を望む申し出があった場合は役員会の3分の2以上の賛成により継続できるものとする。

(役員)

第9条 本会に、次の役員を置く。
⑴ 会長    1名
⑵ 副会長   2名
⑶ 理事   若干名
2 役員の任期は、本会の解散までとする。
3 本会に、監事、事務局長、庶務担当者及び会計担当者を置き、それぞれ理事が兼任する。
4 本会に、第1項に定める役員とは別に、顧問及び相談役を若干名置くことができる。

(役員の職務)

第10条 会長は、本会を代表し、会務を総理する。
2 副会長は、会長を補佐し、会長に事故あるときはその職務を代行する。
3 理事は、事業の企画及び本会の運営に当たる。
4 監事は、会計を監査する。
5 事務局長は、本会の総務に当たる。
6 庶務担当者は、庶務業務に当たる。
7 会計担当者は、会計処理に当たる。

(会議)

第11条 本会の重要事項は、役員をもって構成する役員会において決定する。
2 役員会は、事業・会計年度の始めに通常役員会を年1回開催し、3分の1以上の役員からの申し出により会長が必要認めた時は臨時役員会を開催する。
3 役員会は、会長が招集し議長を務める。
4 役員会は、役員の過半数(委任状を含む)をもって成立する。
5 役員会における議決は、出席役員の過半数をもって決する。

(その他)

第12条 本規約に定める事項のほか、本会の運営に必要な場合は、会長が別に定める。

(規約の変更)

第13条 本規約に変更があった場合は、速やかにホームページで告知するものとする。

(設立年月日)

第14条 本会の設立年月日は、2019年4月1日とする。


附 則

本規約は、2019年4月1日から施行する。

このサイトは、井上全悠選手後援会サイトです。
2020年東京オリンピック・パラリンピック出場に向けて応援していきます。